ダウンロード詳細

i-PRO設定ツール(ネットワークカメラ、ネットワークディスクレコーダー対応) [ツール]
(2022/02/14)


 当社製の映像監視システム(ネットワークカメラ、ネットワークディスクレコーダー など)を対象に、
 最大1,024台の機器を一元管理し、導入からメンテナンスまでトータルにサポートします。


i-PRO設定ツール(iCT)の概要はこちら


内容ファイル名サイズ備考
i-PRO設定ツールiPRO_setting_tool_V2.4.zip約94.8MB2022/2/8
機能拡張ソフトウェア(全機種)Cam_Ext_Fnc_all_202202J.zip約62.2MB2022/2/14
i-PRO設定ツール 操作の流れiCT_OperatingInstructions_ja_220208.pdf約2.06KB2022/2/8
機器別機能一覧FunctionList_ja_220208.pdf約154KB2022/2/8
リリースノートic_tool_v240rel.pdf約106KB2022/2/8
【お知らせ】
1. パソコンに「i-PRO設定ツール(zipファイル)」をダウンロードしてください。
   ダウンロードしたファイルの解凍を行い、解凍したフォルダ内の「iPRO_setting_tool_V2.*」を
  デスクトップに置き変えてから(またはコピーしてから)、「iPRO_setting_tool_V2.*」内の
  「Setup.exe」をダブルクリックしてインストールを行ってください。
  インストール後の起動手順については「i-PRO設定ツール 操作の流れ」を参照ください。

2. i-PRO設定ツールが対応している機種と機能については「機器別機能一覧」を参照ください。

3. 「本ツール」起動時のユーザー名、パスワードの入力を間違えた場合に、これらを初期化するための
  操作画面を表示することも可能です。

4. ファームウェアの更新は、接続しているHUBのMACアドレス認証機能をOFFの状態で実施ください。
  ファームウェアの更新が正常にできない場合があります。

【重要】
・iCT(Ver.1.50)以前では、WJ-NX100/WJ-SD202Kとそこから給電を受けるカメラを同時にバージョンアップ
 すると、カメラのバージョンアップが失敗することがありますので、別々にバージョンアップをしてください。
 (Ver.2.00からは、WJ-NX100/WJ-SD202Kとカメラの同時バージョンアップができないように制限されています)
・iCT (Ver.1.40)以前では、NX シリーズレコーダー、WJ-GXD300 V4.5以降の「ファイルのダウンロード」
 ができません。最新のiCTをお使いください。
・iCT(Ver1.0~Ver2.20)でNX シリーズレコーダー、WJ-GXD300 V4.5以降へバージョンアップする場合は、
 下記の設定をオフでご使用ください。(初期値:オフ)
   オプション設定>通信>ファームウェアの更新
・ファームウェアの更新前後に機器の設定ファイルとログを取得する
上記で実行した場合、設定ファイルとログの取得に失敗します。
設定ファイルとログの取得は「ファイルのダウンロード」の項目で個別に実施してください。


監視・防犯システム